近距離・超近距離1km以内の引越し。当日に家族や自分で行うのはダメ 

すぐ近くのマンションやアパートへ引越しする場合は家族や友人に手伝ってもらえば、引越し費用が安くなるかな?と考えますよね。

結論からいえば、洗濯機や冷蔵庫、テーブルやベッドなどの大型の家具・家電がある場合は、自力での引越しはおすすめできません。

大人の男性が数名手伝ったとしても、自力の引越しはケガや故障、建物の損傷などのリスクが高いからです。

最近の引越し業者は、短距離引越し向きのプランが充実しているので、格安でお得に引越しすることができます。

そこで今回は、近距離引越しを予定されている方に安く引越しするコツをご紹介しましょう。

近距離引越しを自分でするのはNG

引越し準備をしていると、粗大ごみを処分したり、新居で家具や家電を買い替えたり、引越しには何かと出費が多くなりますので、なるべく節約したいですよね。

近距離引越しの場合は、引越し業者を利用せずに家族や友人の力を借りて荷物を運ぶ選択肢もあります。

自力で引越しするメリットは、引越し費用はかからず、引越し業者の繁忙期などを気にせずに行うことができます。

自分の車や家族の車、レンタカーを使って荷物を積み込めば運搬することは簡単です。

ただし、大型荷物がある場合は、近距離引越しでも自力での引越しはリスクが高いのでおすすめできません。

テレビやベッドなどの大型家具・家電がある場合は、大人の男性が数人いても、専用の運搬器具などがないため、かなりの労力がかかります。

大きな荷物を搬入・搬出する際に建物のエレベーターや壁、床にぶつけてしまったら、引越し早々、大家さんと管理人との間でトラブルになりかねません。

エレベーターがなく階段で運ぶ場合は、荷物を床に落としてしまい、破損や故障するリスクもあるのです。

家族や友人の何人かに頼んだとしても、引越し作業員が持っている専用の運搬器具などはないため、スムーズな運搬にはなりません。

そして、引越し当日が雨の日の場合は、滑ったり床の汚れなど様々なことに気を使う必要があります。

レンタカーで軽トラックを利用すると、屋根はないのでテレビなどの精密機械は注意が必要です。

特に冷蔵庫やテレビは横向きに運ぶだけで故障の原因になるので気をつける必要があります。

万が一、荷物が無くなったりしないように管理しなければならならないので気は抜けません。

以上の様々なリスクを考慮すると、自力での近距離引越しはあまりおすすめできません。

引越し業者に依頼すると、引越し費用が高くなる心配がありますが、最近は短距離引越し向きにプランや大型の家具・家電だけを依頼できるプランが充実しています。

短距離や家具だけのプランを選べば格安引越しが可能になりますし、万が一の時にも業者の責任であれば補償が受けられるのがメリット。

業者に依頼すれば、テレビやベッドなどの大型家具・家電の梱包から運搬、搬入・搬出・設置をすべて行ってもらえます。

家族や友人に協力してもらって運ぶよりも、故障・破損・紛失のリスクを避けることができるので安心して任せられます。

引越し業者に依頼すると、荷物の量と移動距離、オプションのトータル料金がかかります。

超近距離1km以内の引越しは、移動距離が短いので長距離の引越しよりも料金は安くなります。

ただし、荷物が多い場合は、大きいトラックと作業スタッフの数が多くなるため料金は高くなるので注意しましょう。

ダンボールだけの近距離引越しはレンタカーでもOK

はじめての一人暮らしや荷物はダンボールだけの場合は、レンタカーや自分の車を使って引越しするのもアリです。

例えば、引越し距離が30km以内の場合は、引越し業者に依頼するよりも自力の引越しの方が安くなります。

レンタカーの場合は、車両のレンタル料金、ガソリン代、免責補償料金、乗り捨て料金がかかります。

▼レンタカーの料金を比較(軽トラックの場合)

レンタカー会社 6時間料金 12時間料金 24時間料金 1時間の延長料金
ニッポンレンタカー 6,000円 7,000円 8,000円 1,000円
ジャパンレンタカー 3,500円 4,000円 5,000円 400円
オリックスレンタカー 5,500円 6,500円 7,500円 1,000円
ニコニコレンタカー 4,500円 5,000円 6,000円 2,000円
トヨタレンタカー 5.500円 5,500円 7,000円 1,000円
日産レンタカー 5,500円 7,000円 8,500円 1,000円

どこのレンタカー会社を選んでも、軽トラックは丸一日借りても1万円以内に収まります。

軽トラックの最安値の会社はジャパンレンタカーの5,000円となっており、もし延長しても1時間あたり400円とお得です。

レンタカーは、万一の事故に備えるために免責補償のオプションサービスは付けておきましょう。

自力での引越しはレンタカー代の他に、引越しするための資材(ダンボール、ガムテープ、台車などの運搬資材)の用意が必要です。

レンタカーは借りる時間の長さによって費用が異なりますので、前もってダンボールの荷造は済ませておきましょう。

近距離引越しの場合は、借りた店舗とは別の店舗での返却する乗り捨てができるレンタカー会社を選ぶと便利です。

ダンボールの荷物が多い人は荷物を運びやすい大きめのハイエースやタウンエースなどのバンやトラックを選ぶと良いですね。

ミニバンやトラックは全長が短く車幅も狭いので、狭い道でも通ることができて駐車もしやすく引越しに向いています。

ミニバンの場合は、24時間レンタルは5,000円から8,000円くらいなので格安引越しが可能です。

ただし、先程も述べたように大型家具・家電の荷物がある場合は短距離引越しでも運搬は難しいので、リスクが高くなります。

そして、引越し向きのミニバンやトラックは引越し繁忙期の3月中旬~4月上旬は予約が混み合うので、早めに抑えるようにしましょう。

自力で近距離引越しをするとどれだけ安くなる?

ダンボールの荷物しかない場合、自力で短距離引越しをすると、業者に依頼するよりどれくらい安くなるのでしょうか?

レンタカー 引越し業者
短距離(10Km) 15,000円 21,000円
中距離(30Km) 20,000円 25,000円

自分の車や家族の車を利用するとさらに安くなりますが、レンタカーと業者を比べると5,000円以上安くなります。

引越し業者のスタッフに支払うサービス料金がかからないのでその分は安くなりますが、運搬にかかる料金は安いのでトータルの差は意外と大きくないのです。

当日に家族や自分で近距離引越しする注意点

自分や家族の車、レンタカーで引越しする際の注意点をみていきましょう。

重い荷物を運ぶ際には、引越し作業は汚れても良い服装や靴で行う必要があります。

動きやすいパンツとスニーカーで作業を行うことが基本です。

近距離だし人数もいるからと思っても、想像以上に時間も労力がかかります。

自力での引越しは、万が一床には落として故障したり壁にぶつけて損傷しても誰も責任を取ってくれないのです。

そのため、割れ物や壊れやすい荷物、パソコンやゲームなどの精密機械は自分で運ぶなどして、トラブルがないようにしましょう。

自力引越しの最大のデメリットは荷物の破損や建物の傷に対する補償なし

自力ての引越しは、万が一、物が壊れた場合に補償されないので自己責任となります。

賃貸マンションやアパートの共用施設などでは、玄関やエレベーター、壁や床に荷物をぶつけて傷をつけた場合は、トラブルに発展する可能性があります。

引越したばかりなのに、大家さんや管理人に注意されて弁償しなければならないのは悲しいですよね。

大きな家具・家電を自力で運搬するにはかなりのリスクがあるので、避けたほうが無難です。

引越し業者に依頼すれば、大型家具だけの運搬を依頼しても引越し業者による破損の場合は、しっかり補償されるので安心です。

ダンボールだけの少ない荷物の引越しの場合は、自力引越しでも問題ありませんが、大型家具・家電がある場合は、業者に依頼することをおすすめします。

近距離引越しの料金

自力で近距離引越しするのは、想像以上に手間がかかるとわかりましたが、引越し業者に依頼するといくらくらいかかるでしょうか?

引越し料金は、移動距離だけではなく荷物の量や引越しする時期によっても変わります。

ここでは、同じ市区町村内(15km未満)近距離引越しをした場合をみていきましょう。

引越し料金は、荷物の量と移動距離の他にもオプションを付けると料金が高くなります。

近距離引越し・同一市内

(15km以内)

中距離引越し・同一都道府県

(50km以内)

単身引越し(荷物少ない) 20,000~40,000円 30,000~60,000円
単身引越し(荷物多め) 20,000~60,000円 30,000~80,000円
2名の引越し 30,000~80,000円 50,000~100,000円
家族引越し 80,000~100,000円以上 100,000~200,000円

オプションには、エアコンの取り外しや取り付け、不用品処分やピアノの輸送などがあり、追加料金は5,000円から10,000円アップします。

オフシーズン(5月~2月)の近距離引越しの料金

オフシーズン(5月~2月)に近距離引越ししたときの料金をみていきましょう。

近距離引越し 単身引越し

(荷物が少なめ)

単身引越し

(荷物が多め)

2名の引越し 家族引越し
20km以内 35,000円 45,000円 46,000円 6,2000円
50km以内 45,000円 46,000円 53,000円 72,000円

単身の荷物が少ない引越しは平均は35,000円ですが超近距離(1km以内)の場合は1万円以下も可能です。

上記の金額はあくまでも目安ですので、前もって複数の業者から見積もりを取り、プランと料金を比較することが大切です。

繁忙期(3月、4月)の近距離引越し料金

年間で最も引越しする人が多くなる繁忙期は3月と4月にあたり、引越し料金は一番高くなります。

近距離引越し 単身引越し

(荷物が少なめ)

単身引越し

(荷物が多め)

2名の引越し 家族引越し
20km以内 50,000円 57,000円 60,000円 80,000円
50km以内 57,000円 60,000円 70,000円 95,000円

引越し繁忙期は通常期に比べると5,000円から20,000円以上は高くなり、さらに土日祝は予約が混み合うのでプラスされます。

単身引越しでも家族引越しであっても、引越し繁忙期に依頼すると、通常期よりも10%以上高くなることがわかります。

荷物の多い家族引越しを繁忙期に依頼すると10万円を超えることが多く高額になりますが、荷物を減らすことで引越し料金を抑えることができます。

例えば、新居では使わない不用品の家具・家電を処分したり、本や靴を捨てたり、本やDVDを買い取りに出したり、荷物の量を減らすと良いです。

そして、繁忙期は一括見積もりサイトを使って、早めに複数の業者に見積もりを取り、相見積もりをすることで値段交渉しやすくなります。

他には、値段が高くなる月末や土日を避けると値段交渉に応じてもらいやすいのでおすすめです。

荷物が少ない近距離引越しプランと料金

単身の方やはじめての一人暮らしなど、荷物が少ない近距離引越しにおすすめのプランと料金をみていきましょう。

引越し業者 プラン
アリさんマークの引越社 ▽超ミニ引越しプラン

・ダンボール10個まで

・同一区内・同一市内の5km以内

・料金は要見積り

▽特ミニ引越しプラン

・ダンボール10個+小さな家具家電2個

・同一区内・同一市内の5km以内

・料金は要見積り

▽ミニ引越しプラン

・ダンボール20個まで、テレビ・冷蔵庫・洗濯機・電子レンジ・自転車

・同一区内・同一市内の5km以内

・要見積り

クロネコヤマト ▽小さな引越便(らくらく家財宅急便)

・家電1つからOK

・移動距離の制限なし

・料金は要見積り

サカイ引越センター ▽せつやくコース

・大型家具・電化製品の梱包から運搬、配置まで

・専用梱包ケースの回収作業あり

・引越し作業後の10分間サービス(簡単な清掃や家具の配置など)

赤帽 ・軽トラック以外の2tトラックあり

・料金は要見積り(関東圏は13,500円〜)

荷物が少ない場合も、家具一つから梱包と運搬・搬入・搬出、そして設置まですべて作業員にやってもらえます。

引越し業者は丁寧な梱包をした後に、養生テープやマットを使って、建物や荷物に傷が付かないように保護してくれるので安心です。

忙しい方は、ダンボールに入れる小物類の梱包や荷ほどきまで依頼することもできますが、この場合は料金が高くなります。

荷物が多い近距離引越しプランと料金

近距離引越しでも家族引越しなど荷物が多い人向けのプランがあります。

引越し業者 プラン
アリさんマークの引越社 ▽ミニ引越しプラン

・同一区内・同一市内の5km以内
(日時指定不可 、3月10日~4月10日を除く)

・荷物量はダンボール10個以上も可能

ヤマトホームコンビニエンス ▽おまかせフリー割サービス

・輸送距離50km以内
・荷物量は押入2段分以上も可能

日通 ▽当日便

・車で30分前後の移動距離
・作業時間4時間以内

アリさんマークの引越社「ミニ引越しプラン」は荷物が多い近距離引越しに向いています。

近距離5km以内の決まりがありますが、ダンボール10個以上になっても、格安で引越しできます。

ヤマトホームコンビニエンス「おまかせフリー割サービス」は50km以内なので中距離までの引越しにも対応できます。

引越し予定日を5日間選び、最終的なスケジュールをヤマトにお任せすると、通常より半額近く安くなるサービスです。

近距離引越しを安くする方法

近距離引越しを安く抑えるには、いつくかコツがありますのでみていきましょう。

お得な午後便やフリー便を利用する

引越しは「午前便」「午後便」「フリー便」など開始時間を選ぶことができます。

引越しは午前中に済ませて、午後はゆっくり荷解きをしたいという方が多いので、引越し開始は午前中が人気です。

引越しの作業開始が13時~14時の午後便、作業開始時間を引越し業者に任せるフリー便を選ぶと若干安くなります。

午後便やフリー便は、長距離引越しの場合は作業が終わるが夜になってしまうことがあるので向いていません。

短距離引越しの場合は、午後便やフリー便でも比較的早い時間に引越しを終えることができるのでおすすめです。

大型家具・家電だけ引越し業者に依頼する

近距離引越しの場合、ダンボールの小物類は自分の車やレンタカーで運んで、家具や家電だけを業者に依頼したい方もいると思います。

最近は、家具や家電だけを梱包、運搬、設置までしてくれるサービスも増えてきています。

会社名 家具・家電だけの引越し
ヤマトホームコンビニエンス ▽らくらく家財宅急便

・家具ひとつからOK

・梱包、運搬、設置まで

・ピアノ、楽器類、アンティーク家具などは非対応

▽取り扱いサイズ

・幅、奥行き、高さの3辺合計が450cm以下
・最長辺が250cm以下
・天地が定められたものは高さが200cm以下
・150kg以下(100kgを超える場合は別途作業量)

サカイ引越しセンター ▽せつやくコース

・梱包、搬入、設置ま
・引越し作業終了後に10分程度のクリーニングサービスあり

アーク引越センター ▽大物限定プラン

・梱包、搬入、設置
・ダンボール、布団袋、ハンガーボックス等が無料

赤帽 ▽家財運搬

・家具の設置まで可能
・家財1点100円で荷物保管サービスあり
※関東エリアのみ受付

ヤマトの「らくらく家財宅急便」は家具・家電を1点から依頼することができます。

例えば、単身の近距離引越しの場合、冷蔵庫だけを依頼すると7,000円、洗濯機は4,000円、大型の家電は1点5,000円で運ぶことができます。

近距離引越しが得意な引越し業者一覧

引越し業者には、近距離引越し向けのプランがあります。

ここからは、近距離引越しが得意な引越し業者一覧をみていきましょう。

どの引越し業者も正確な料金は見積もりを取らないとわかりませんが、約3km以内の近距離の単身引越しの場合は、3万円~4万円が目安となります。

引越し業者 近距離プラン
アリさんマークの引越社 ▽ミニ引越しプラン

・同一区内・同一市内の5km以内
(日時指定不可 、3月10日~4月10日を除く)

・荷物量はダンボール10個以上も可能

・料金は要見積り(目安20,000円〜)

アーク引越センター ▽ミニ引越しプラン

・料金は要見積り(目安15,000円〜)

ハトのマークの引越センター ▽小鳩プチトラパック

・幅110cm×奥行80cm×高さ170cm

・料金は要見積り(目安14,000円〜)

ヤマトホームコンビニエンス ▽単身引越しサービス

・単身引越しサービス:幅104cm×奥行104cm×高さ170cm
・単身引越しサービスmini:場合で幅104cm×奥行104cm×高さ130cm

・料金は要見積り(目安11,000円〜)

サカイ引越センター ▽単身パック

・幅105cm×奥行75cm×高さ144cm

・料金は要見積り(目安10,000円〜)

日本通運 ▽単身パック当日便

・単身パックS:横108cm×奥行74cm×高さ155cm、
・単身パックL:横108cm×奥行104cm×高さ175cm

・料金は要見積り(目安15,000円〜)

赤帽 ・コンテナ車タイプ:幅142cm×奥行182.5cm×高さ185cm(目安10,000円〜)

ダンボールだけの近距離引越しの場合は、自分の車やレンタカーを借りて引越しする方が安くなります。

ただし、洗濯機や冷蔵庫などの大型家具・家電がある場合は、引越し業者に依頼すると、梱包、搬入、搬出、設置までしてもらえるので安心です。

一括見積もりサイトを利用しよう

引越し料金は荷物の量と移動距離、引越しの時期によって変わりますので、正確な料金を知るためには見積もりを取ることから始まります。

多くの引越し業者とプランから最適なものを見つけるのは大変ですが、一括見積もりサイトを利用すると、
簡単に見つけることができます。

名前や住所などの基本情報の他に、荷物の量やオプションなどの引越し条件を入力すると、複数の引越し業者の見積もりを比較することができます。

見積もり額は、初めはどの業者も高めの設定となっていますが、そこから各社が競い合って安くなるのです。

複数の業者から見積もり額を取り、一番安い料金を出して値段交渉を進めると、どんどん安くなります。

いくつかの業者と電話対応しなければなりませんが、初めの見積もり額よりも安くなりますので、大切なプロセスです。

一括見積もりサイトを利用すると、自分で一つずつ電話をするよりも、一度に最大10社以上の業者から見積もりを取れるのでおすすめです。

まとめ

近距離引越しは安く抑えるため、家族や友人に協力してもらって自力で引越ししたいと考える方も多いです。

はじめての一人暮らしやダンボールしか荷物がない場合は、自力での引越しは安上がりになります。

しかし、洗濯機や冷蔵庫など1点でも大型の荷物がある場合は、自力での引越しは故障や破損のリスクがあるので業者に依頼することをおすすめします。

最近の引越し業者は、近距離引越し向きのプランが充実しているので、格安でお得に引越しすることができます。

近距離引越しを予定されている方は、当サイトの一括見積もりサイトを使うと最安値が見つかるので、ぜひ試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です