同じマンションの同じ階への引越し。分譲だと騒音や手続きはこんな感じ 

今住んでいる賃貸マンションは住み慣れているけど、隣の部屋の騒音や日当たりの悪さが気になることがありますよね。

そんなときは、同じマンションの同じ階の部屋に移動したいなと思う方は多いです。

同じマンション内の引越しは決して珍しいことではなく、生活環境を変えずに引越し費用が安く抑えられるメリットがあります。

お子様がいるご家庭は、転校も必要ないのでお子様にとっても良いですよね。

しかし、同じマンション内の引越しであっても引越しは引越しですから、敷金・礼金などかかってしまうなど、いくつか注意点があります。

そこで今回は、同じマンションの同じ階への引越しの手順を解説します。

同じ階なら自力で引越すべきか、家具・家電だけを依頼する場合の引越し業者も合わせてご紹介するので、参考にしてみてください。

同じマンションの同じ階への引越し料金

同じマンション内の引越しを業者に依頼する場合は、
トラックやガソリン代、高速料金などが必要ないので、引越し料金が安くなります。

ワンルームや1DKの一人暮らしの一般的な荷物の量を引越し業者に依頼した場合は、約10,000円から15,000円くらいです。

同じ階の場合はエレベーターも必要ありませんので、2名の作業員が運搬するだけの費用になります。

ただし、同じ階ではなくエレベーターを使って他の階へ引越しする場合やエレベーターがないアパートの場合、繁忙期(3月から4月)は料金が高くなります。

家族の引越しを依頼した場合は、荷物の量が多くなるので約20,000~30,000円かかります。

同じ階の引越しの場合は、ダンボールの小物類を自分たちで運び、大型のベッドやテレビ、テーブルなどの大型家具・家電だけを依頼すると、さらに安くなります。

異なる階へ引越ししてもエレベーターがあれば、基本的には追加料金はかかりません。

ただし、大型家具・家電が多い場合、エレベーターがない場合は作業が大変になるので料金が高くなるので注意しましょう。

同じマンションの同じ階への引越しの手順

同じマンションの同じ階への引越しは何から手を付ければ良いのでしょうか。

たとえ隣の部屋に引越しする場合であっても、引越しは引越しですから様々な手続きが必要になります。

では早速、手順を確認していきましょう。

住み替えや買い替えの場合、賃貸を借りるべき?ウィークリーマンションの方が便利?

例えば、分譲マンションから住み替えや買い替えして
他の部屋に引越しする場合は、賃貸マンションとウィークリーマンションのどちらが便利でしょうか?

賃貸マンションの場合は敷金・礼金と不動産会社に渡す手数料などがあり、初期費用がかかります。

もし、住み替えや買い替えしてすぐに入居できる場合は多額の初期費用がもったいないのでウィークリーマンションの方が適しています。

家賃だけを見るとウィークリーマンションは高めですが、敷金・礼金と手数料がないので、初期費用を無駄にしてしまうことはありません。

引越し先の部屋にすぐには入居できない場合でも、何年も住まない場合はウィークリーマンションを利用した方がお得です。

管理会社と不動産屋に連絡する

同じマンションの同じ階への引越しのはじめの手順は、まず管理会社と不動産屋に連絡します。

その際に、なぜ他の部屋に変えたいのか理由を聞かれるかと思いますが、日当たりの悪さや風通しを挙げたほうがスムーズに納得してもらえます。

例えば、隣の部屋の騒音が困るといった理由の場合は
大家さんや管理会社にとって、次に入居する人に紹介するのが難しくなります。

同じマンション内のトラブルを避けるためにも騒音を理由に部屋を変えたいと思っていても、無難な理由を伝えたほうが安心です。

光熱費の電気やガス会社に連絡する

同じマンションの同じ階への引越しであっても、住所が変わるので、光熱費の電気会社やガス会社、水道局に住所変更の連絡が必要です。

他にも携帯電話やクレジットカード、銀行やインターネット会社にも電話で住所変更の手続きを忘れないようにしましょう。

最近は、住所変更はオンラインで済ませることができる会社も多いので、休みの日などにまとめて変更手続きをしておくと良いですね。

役所での住民票手続き(転居届)も必要

同じマンション内での引越しであっても、住所が変われば役所での住民票手続き(転居届)が必要です。

いつもと同じ役所に行き、転居届を提出すると家族全員の住民票が変更されます。

同じマンションですからマンション名と番地は同じですが部屋番号は変わりますので、登録される住所も変わります。

その他にも、運転免許証や車検証も一般的な引越しと同様に手続きが必要になります。

本籍だけは部屋番号が反映されないため、住所変更の手続きは必要ありません。

転居届を提出したら郵便局へ行き、新住所への変更手続きを済ませるのも忘れないようにしましょう。

役所での住民票手続き(転居届)は引越してから14日以内に済ませる必要があるので、早めに手続きを済ませるようにしてください。

同じマンションの同じ階への引越しはまた敷金・礼金がかかるけど免除の可能性もアリ

同じマンションの同じ階への引越しであっても引越しですから、また敷金・礼金がかかってしまいます。

大家さんも管理会社に同じマンション内の引越しをすることを伝えたら、退去する部屋の解約手続きをします。

その際に、キレイに部屋を使った場合は敷金が戻ってくる場合がありますので、しっかり掃除をしておくと良いです。

部屋の汚れや退去に伴う原状回復費用は敷金が充てられるので不足した場合は、別途料金が発生します。

そして、新居への契約をすると新たに敷金・礼金・仲介手数料の他にも前家賃、保険料、鍵交換などが発生します。

同じマンションの引越しは業者に依頼する料金は抑えることができても、大家さんに支払う初期費用はかかつてしまうのです。

賃貸住宅の契約は法律的に戸別のものとしてみなされるため、ある意味仕方がないと言えます。

ただし、大家さんや管理会社によっては、敷金や礼金はそのままにしてくれたり、仲介手数料は免除してくれるケースもあるので、相談してみると良いです。

例えば、大家さんに対して感謝の気持ちを表す礼金は
免除してくれる可能性があるので、ダメ元でも交渉してみましょう。

部屋を退去する際に清掃する費用に充てられる敷金は退去する部屋がキレイな場合には、そのまま保留してくれる可能性があります。

自分でキレイに掃除をして原状と同じコンディションで退去すれば、敷金は新居にそのままスライドしてくれることもあるかもしれません。

そればかりは、管理会社や大家さんの考え方次第と言えるので、敷金と礼金については早めに相談してみましょう。

水漏れや建物のトラブルが原因により、大家さん側から部屋の移動を頼まれた場合などは、敷金・礼金・仲介手数料はそのままの条件で引越しできるケースが多いです。

同じマンションの同じ階への引越しは自力でもできる?

同じマンションの同じ階への引越しならば、ご主人や近所の知り合いにお願いして自力で引越しを考えるかもしれません。

引越し業者に依頼するとお金がかかりますし、自分で引越しできたら良いですよね。

しかし、同じマンション内の引越しであっても、大型の家具・家電の運搬は大人の男性でも大変な作業です。

マンションの壁や床に傷つけないように運んで、自分たちも怪我のないように運搬するのは困難です。

引越し業者は大型の家具・家電の運搬中に傷がつかないように養生を施して、専用の道具を使って丁寧に運搬してくれます。

荷物が少ない場合は、何人かの大人の男性に頼んで運搬してもらうのも良いですが、荷物の量やエレベーターの有無などを十分に検討した上で決めましょう。

分譲だと引越し当日の騒音に注意

分譲マンションの住み替えや買い替えの場合は、自分たちだけで引越しする場合は、騒音に注意しましょう。

引越し業者に依頼する場合は、専用の道具を使って運搬するのでスムーズですが、自分たちだけで運搬するとエレベーターにぶつけたりするリスクもあります。

あまり壁や床にぶつけすぎて騒音問題を起こさないように注意が必要です。

同じマンション内であっても今後のお付き合いのために、上下と左右には引越しの挨拶はしておいたほうが無難です。

大型家具・家電は引越し業者に依頼するのがおすすめ

ダンボールの小物類は自分たちで運んで、大型家具・家電は引越し業者に依頼する方法もあります。

この方法ならば通常の引越し費用よりも安く抑えることができます。

ベッドやテレビなどの大物家具・家電を壁にぶつけたり故障するリスクも避けられるので良いですね。

最近は、引越し業者には冷蔵庫、洗濯機などの大型家電だけを運搬する専用プランが用意されているので便利です。

大型の家具・家電だけを運搬してもらうには引越し専用業者に依頼すると安心です。

引越し業者によって料金が変わるので、まずは見積もりを取って比較することをおすすめします。

▼大型家具・家電だけの引越しにおすすめの業者

会社名 プラン名 料金の目安(要見積り)
ヤマトホームコンビニエンス らくらく家財宅急便 高さ、幅、奥行きの三辺合計でSSランク~Gランクまであり。
アーク引越センター 大物限定プラン 要見積り。午前・午後・フリータイムから選択可能。
ダック引越センター 家具だけプラン 要見積り。養生とダンボール回収のサービスあり。

ヤマトホームコンビニエンス

ヤマトホームコンビニエンスは宅配業者として有名ですが、大型の家具・家電だけを配送してくれるサービス「らくらく家財宅急便」があります。

ダンボールを自分たちで運んで、洗濯機や冷蔵庫、テレビ、ベッド、ソファーなどの梱包と運搬は依頼できます。

大型の家具・家電のための専用のケースに梱包して丁寧に運搬してくれます。

もちろん、家電・家具の設置をしてくれて、無料でダンボールの回収もしてくれるので便利ですね。

料金料金は、高さ、幅、奥行きの三辺合計でSSランク~Gランクまでに分かれています。

大型の家具・家電だけの引越しは時間帯指定できてホームページまたは電話から申し込みできます。

大手引越し業者のアーク引越センターは、大型の家具・家電だけを運んでくれる「大物限定プラン」があります。

ヤマトホームコンビニエンスと同様にダンボールの小物類は自分達で運ぶことで、引越し費用を抑えることができます。

アーク引越センター

アーク引越センターは大手ならではの無料サービスが充実しているのが特徴です。

例えば、ダンボールは50枚で、布団袋を最大2枚まで無料サービスとなっていて、ハンガーボックスは最大5個まで無料レンタルできます。

引越し後はダンボールを無料回収してくれるので、とてもスムーズで快適な引越しが実現します。

一人暮らしの女性はエアコンの取り外しや取り付けなどの電気工事はオプションで付けられますし、専門業者によるピアノ輸送も依頼できます。

ダック引越センター

ダック引越センターの「家具だけプラン」は午前・午後・フリータイムから時間を自由に選択できるが嬉しいポイント。

新居の壁や床に傷がつかないように家電・家具とエレベーターや玄関付近にも養生を施してくれるので安心です。

そして、ダック引越センターは荷物を搬入してから10分間のサービスタイムがあるので、家具の設置や掃除なども依頼できます。

一人暮らしでは難しい家電・家具の設置や配線などもまとめてお任せて出来るので便利ですね。

使用済みのダンボールは引越し後に無料で回収してもらえるのも嬉しいポイント。

同じマンション内の引越しは激安のチャンス

同じマンション内の引越しは、基本的に通常の引越しよりも料金が安くなります。

通常の引越しの場合は、2トンや3トンなどのトラックへの積込み・積み下ろしとガソリン代、高速料金、運送作業が必要です。

同じマンション内の引越しは基本的に安くなりますが、複数の業者から相見積もりすることをおすすめします。

引越し見積もりサイトを利用すると、一度同じ条件を入力すれば最安値の引越しプランを見つけることができるのです。

同じマンション内の引越しに対応しているからと言って1社しか電話しなかった場合は、他社の料金と比較できないので、結果的に高くなってしまうことがあります、

一括見積もりサイトは無料登録をすれば複数の業者の料金を比較できるので利用しましょう。

同じマンションの同じ階への引越しにおすすめの引越し業者

同じマンションの同じ階への引越しプランがあるおすすめ業者をみていきましょう。

引越し業者 プラン名 特徴
クロネコヤマト らくらく家財宅急便 時間帯指定可
アーク引越センター 大物限定プラン 作業範囲変更可
アロハ引越センター 家具・家電だけプラン ダンボール回収あり

上記の業者は、家具や家電だけの引越しプランを時間帯の指定で依頼できます。

午前中に運搬をお願いして、午後はダンボールの小物類を運ぶこともできます。

冷蔵庫や洗濯機など家具・家電の丁寧な梱包と養生もしてくれるので、物や建物に傷を付けるリスクを避けられます。

その他にもエアコンの取り外しや取り付けの電気工事、不用品処分はオプションで付けることができます。

新居の場合は、自分たちで養生をするのは大変ですし、資材を購入する手間もお金もかかってしまいます。

一軒家の新居や新築マンションの場合は、迷わず引越し業者に依頼しましょう。

同じマンション内の引越し料金は、荷物の量や養生資材、何人くらいの作業員が必要でどれくらい時間がかかるかによって変わります。

まずは一括見積もりサイトに無料登録して、同じマンション内の引越しを条件入力すると、複数の業者から見積もりを取ることができます。

テレビCMをしている日通、クロネコヤマト、アート引越センター、サカイ引越センターなどの大手引越し業者の他にも地域密着型の中小業者も比較できます。

気になる業者が他社よりも高かった場合は、値段交渉するも安くしてもらえる可能性が高いので、複数の業者から相見積もりをすることをおすすめします。

まとめ

今回は、同じマンション内の同じ階の引越しについてご紹介しました。

すぐ隣の部屋に引越したとしても場所が変わるので、市役所や光熱費などの電気・ガス・水道の住所変更手続きは必要になります。

賃貸マンションの新契約となるので、敷金や礼金も新たに発生してしまうのです。

大家さんによっては、礼金や仲介手数料は免除されることもあるので前もって相談してみることをおすすめします。

荷物の移動は自力で何とかしたいと思うかもしれませんが、大型の家具・家電の梱包・運搬は引越し業者に依頼すると安心です。

ダンボールに詰める梱包作業と運搬は自分たちですることで引越し費用を抑えることができます。

まずは、一括見積もりサイトを利用して見積もり額を出して比較してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です